Technology

Location

独自技術によりGPSを利用せずに位置情報を取得。

電池消費負荷は極小(12時間で2%以下の差異)/ 精度は100m~
Beaconを利用することで高精度の位置情報取得が可能。

位置取得に関しては、様々な方法を通してユーザーの広告用IDと過去にいた地点データを取得する方法を利用しています。 AirTrackSDKは直接GPS通信を行いませんので、電池消費がほぼなく負担が少ない独自手法を採用しています。

アプリでは位置情報の取得に関してはユーザーに対して許諾を求めるダイアログが出る為、パーミッションのないユーザーのデータは取得自体をしていません。

Technology

Area Relation Rate

ユーザーとエリアの関連性の高さを独自のロジックにより算出し定量化。

広告効果に影響するのは「今」ではなく「いつも」

AirTrackはユーザーの現在地は重要視していません。なぜならユーザー行動はパターン化されており、広告効果に影響するのは、 ユーザーの現在地ではなく、その人の行動パターンの中でのシチュエーションだと考えています。

その人の行動パターンの中から、最適なタイミングで最適な広告を出すことを独自ロジックで実現しています。

Technology

Dynamic Creative

指定したエリアごとに動的に広告クリエイティブを作成して最適な広告を表示。

no image
最適な場所に最適なクリエイティブを

店舗名や訴求商品など、ユーザーの行動パターンやタイミングによって、最適なものはその時々、刻一刻と変化しています。

スマートフォン広告ならではのポテンシャルを引き出すために、AirTrackはDynamicなクリエイティブ生成機能を備えています。

※ 通常のバナー広告対応も可能です。

Technology

Real Audience Map

店舗に来訪している人の実際の行動をビジュアライズして分析。

no image
よりリアルに可視化することでわかることがある

特定の場所などを指定した作成したセグメントごとに、大まかなユーザーの行動をマップ上で確認することができます。

それにより競合店舗との来訪エリアの比較や打つべき施策をより明確に構築することができます。

Technology

In-Store Rate / In-Area Rate

店舗(もしくは特定エリア)へ来訪している人の数を計測。

no image
リアルにはリアルのKPIを

これまで計測することができなかった、スマートフォンの広告によるリアルの来店効果の計測をAirTrackでは実現しました。

広告配信を行ったユーザーのうちどれくらいの人が指定エリアに訪れ、さらに店舗に来たのか(来店計測はビーコンの設置が必須)を計測することができます。

また、対象セグメントごとに、計測することで対象エリアごとのパフォーマンスを比較することができます。